加齢臭を抗酸化作用のある食事で減らす!

加齢臭を抗酸化作用のある食事で減らす!

今や若い人でも加齢臭と無縁と言う訳ではありません。年齢が高くなれば出やすくなるのは確かですが、食べ物などの影響も強いので20代で臭ってしまう人もいます。個人差があることですが体内の年齢が大事になってきます。

 

まずは臭いを出す食べ物から

 

加齢臭を減らす食べ物も大事ですが、まずは増やす食べ物を把握しなければなりません。

 

悪い食べ物は一言でいえば、油、です。動物性の油の多い食べ物が悪いのはなんとなくイメージする事が出来ます。乳製品やダイレクトに肉、ケーキやチョコなどにも多く含まれていますね。

 

そして植物性の油もあまりよくありません。オリーブオイルやマーガリン、ピーナッツ、ゴマ等に含まれています。少しであれば問題ありませんが、多く摂ると体臭として表れてきやすいです。

 

抗酸化作用のある食事で減る

 

加齢臭の大元になっている物質はノネナールですが細かい話を抜きにして、これを減らす働きをしてくれるのが過酸化作用という効果です。食べ物で言うと、トマトやレンコン、ナス、生姜、アボガドなどがあります。健康食と言われている食べ物も多いですね。

 

ビタミンやポリフェノールなどを含んでいる食べ物は総じて抗酸化作用が高いモノになっています。

 

油を減らし、野菜などを食べる。

 

もう耳タコでもありますが、日本人は元々体臭の強い方ではありません。日本食は体臭を増やすものが少ないので原因を作るものもあまりありません。ですが食生活が欧米化するにしたがって加齢臭を気にする、または気になる人が増えました。1日臭いを減らす食べ物を心がけてもあまり意味はありませんが、少しで良いので毎日やるようにすると分かるぐらい
の変化になっていきます。

 

油を減らし、野菜を食べるように少しづつシフトしていく事です。

 

 

運動やストレスなども影響してきますし、臭わない人もいるので絶対ではありませんが、食べ物を無視して加齢臭を減らすのは難しいでしょう。いざ減ったとしても枕などを洗わないと臭いが付くので自分の変化に気が付きにくいので注意です。

 

食べ物だけではどうしても不安という方は加齢臭を消すといわれているデオドラント・制汗剤を使用するようにしましょう。市販のものに比べると少し価格は高いですが、それなりの効果は実感できるかと思いますよ。